ワールド・ワン・グループは、日本全国各地の郷土の食文化を通じて、郷土と地域をつなぎ、ニッポンの風景を熱くする郷土活性化企業です。

青森ねぶたワールド応援メッセージ動画はこちら

2017年08月18日(金曜日)

お問い合わせはコチラから

メールで問い合わせる

TOP > メディア掲載情報 > 【神戸新聞】Myアイテム~仕事と私 「アップルウォッチ」

【神戸新聞】Myアイテム~仕事と私 「アップルウォッチ」

2017/04/19

 

神戸・三宮を中心に郷土料理店を20店舗展開しています。
全店の運営を管理し、円滑に営業できるようサポートするのが任務。ほかにも、
販売促進から従業員の育成、新店の立ち上げまで業務は多岐に渡ります。
複数の仕事に同時並行で取り組む中で、どのように店舗や会社全体を見渡すか。
鍵を握るのは情報の精査だと想っています。
メールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで社内から届く連絡事項は1日に約100件。
移動や打合せ、時には接客もこなしながら、全てをパソコンやスマートフォンで見ていると相手先や客に失礼です。米アップルの腕時計型端末アップルウォッチだと時間をいるような動作で周囲に配慮できます。ウォッチには差出人や表題、冒頭の数行が表示されます
。急を要さない連絡も多いので表示を一目して、案件の重要度や緊張度を判断しています。
店舗からの連絡は見落としてはなりません。
例えば、本来忙しいはずの夕方に連絡が入る。クレーム対応で行き詰まり、助けを求めてきたのですが、別の対応1~2時間も放置すると辞退が深刻化します。
そういう時は席を離れ、すぐに電話したり、店に行ったりします。従業員から直接来る連絡では、悩み相談の場合もあります。これも早めに対応すべきで、どの店舗でいつ、誰とすべきかを判断しています。
スケジュール管理機能では、忘れていた仕事の締め切りも教えてくれます。
今では秘書のような存在です。