メニュー
STORY1

郷土と
地域を
つないだ
Story.1

Story1きっかけは、
きれいな水でしか育たない
沖縄の田芋でした

なぜ、沖縄の郷土食材が
大量に破棄されてしまうのか。

ワールド・ワンの創業者、河野圭一。
沖縄ののどかな風景と、温かな人たちが好きで、何度も訪れていた。
ある日、河野が現地で目にしたのは、
山積みに捨てられた「田芋(たいも)」という沖縄の郷土食材。
そして、その生産者である農家のおばあちゃんの悲しそうな顔…。

テレビドラマの影響で沖縄料理は日本全国で大ブームとなり、一時、沖縄の郷土食材は高騰した。
地元の人たちでさえ、入手困難になり、沖縄の現地農家たちは過剰な設備投資で増産を繰り返した。
河野が見た田芋の光景は、その沖縄ブームが去った後。
二束三文で売りさばくか、大量に破棄するか。借金だけは残る・・・翻弄される沖縄の現実を見た。

なんとかしたかった。 田芋をはじめ、すばらしい沖縄の食文化を。すばらしい沖縄の農家たちの将来を。
しかし経営者として社員はもちろん、
自分の家族さえ守ることができるかどうか…(当時はまだそんな時期だった)。

そうして河野が出した結論。
それは、「沖縄食材をブームに左右されず、安定的に生産できる世の中にする」こと。
きれいな水でしか育たない田芋を守ることは、沖縄のきれいな水を守ることにもなる。
食によって、ニッポンの美しい風景は守られる。
そして、そこで暮らす人たちはもっと熱く暮らすことができる。
田芋を使った、まったく新しいメニュー開発への挑戦がはじまった。

ワールド・ワンの、新しい使命がはじまった瞬間だった。

開発された商品のはなし

元祖
金魚の沖縄コロッケ

沖縄の農家さんから直接仕入れる田芋を使う、神戸ナンバー1のお店に選ばれた「沖縄料理 金魚本店」の超人気メニュー。研究を重ね、田芋の甘みと粘り気を生かして調理。まん丸のキュートな見た目で仕上げ、神戸女子たちのハートをつかむことに成功したロングラン商品だ。

元祖 金魚の沖縄コロッケ