ワールド・ワン・グループは、日本全国各地の郷土の食文化を通じて、郷土と地域をつなぎ、ニッポンの風景を熱くする郷土活性化企業です。

青森ねぶたワールド応援メッセージ動画はこちら

2017年06月27日(火曜日)

お問い合わせはコチラから

メールで問い合わせる

TOP > メディア掲載情報 > 【読売新聞】新鮮魚介類空輸 三ノ宮で青森の味 居酒屋開店

【読売新聞】新鮮魚介類空輸 三ノ宮で青森の味 居酒屋開店

2017/04/21

 

青森県から航空便で仕入れた特産の生鮮食材を使った居酒屋「青森ねぶたワールド」が20日、神戸・三宮に開店した。神戸市を中心に居酒屋を展開するワールド・ワン(河野圭一社長)が同県と連携協定を結び、陸奥湾のホタテや、五所川原市の馬肉、大間のマグロなどを提供する。

広さ330㎡の店内は、青森ねぶた祭のねぶたを手掛ける竹浪比呂央氏が描いたふすま絵などが飾られ、店の催しの際は、同祭で踊る「跳人」の衣装のスタッフが雰囲気を盛り上げるという。この日の回転セレモニーには三村申吾・同県知事も駆けつけ、「農林水産品の販路を広げようと、県職員が知恵を絞ったプロジェクトです。関西のみなさんに青森の豊かな食と文化を楽しんでもらいたい」とあいさつした。

これまで青森県と関西を結ぶ輸送は、トラック便などで2日以上はかかっていたが、ヤマト運輸の航空便による生鮮食材輸送システムを使うことで、出荷翌日の午前中に関西へ届くようになったという。